企画書や仕様書を提出してiphoneのアプリ開発を進める

企画書や仕様書を提出してiphoneのアプリ開発を進める

携帯

業者依頼の方法

まずはどのようなアプリを作りたいのか自分なりにまとめて企画書を作ります。そのためには世の中のニーズを探る必要があり、マーケティング作業を行わなければなりません。企画書がまとまったら、アプリの案を可視化するために画面デザインやアプリの動作などを実際に図や文章にして仕様書を作成します。業者に依頼する場合には、この企画書と仕様書を提出することとなります。更に、仕様書を見ながら動作について業者の担当者に説明を行います。

依頼時の注意点

iphoneのアプリ開発を依頼する時には、その業者がiphoneのアプリの開発の実績が豊富にあることを真っ先に確認する必要があります。また、開発機関や開発費についても確認しておきましょう。特にアップルのアプリを開発する時には、アップル社が厳密に審査を行います。アップル社の審査に落ちる、いわゆるリジェクトとなってしまう可能性があるので、依頼する業者のリジェクト率もしっかりと調べておいた方が良いでしょう。

見積もりのチェックポイント

見積もりをチェックするにあたり、相場をあらかじめ知っておく必要があります。見積もり相場は大手開発会社と中小開発会社、フリーランスなどで相場が異なりますので注意が必要です。また、見積もりの内訳についても確認が必要です。開発費やアップルへの申請手数料などの内訳をしっかりと確認しましょう。更に、先にも紹介したとおりアップルでは審査が行われますので、もしリジェクトが発生した場合の費用はどうなるのかも確認しておきましょう。

広告募集中